<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

残田博司氏からのメッセージ

ブルーグラス&KazCampとの出会い

a0285674_1837214.jpg

何気なく見ていたテレビで、「となりの人間国宝さん」を
やっていて、カントリー・ミュージックの店が石橋にある
という。

私はサザンオールスターズ大好きオヤジで、正直言って
カントリーには興味はなかったのですが、友人が高校生
の時に文化祭でバンジョーを弾いていたことを思い出し、
彼と一緒に「アビリーン」に行ったのがブルーグラスに
触れる切っ掛けとなりました。

稲葉さんにはアビリーンで何度かお会いしたことがあり、
ギター、マンドリン、フィドル...手に取る楽器すべてに
おいて、酔っ払いどもを圧倒する演奏を間近で聴かせて
頂き「今日は儲けたな」と喜んでいました。

未だにカントリーとブルーグラスの違いも分からない
ポンスケですが、昨年のKazCampは楽しかった。

もちろんステージも良かったですが、終演後に皆さんが
少々ガソリン注入してからのジャムセッションって言うん
ですか? これが素晴らしかった!
様々な楽器が楽しそうに会話しているのを眺めていて、
時間の経つのを忘れていました。

今年もKazCampが催されます。

ステージでプレイされる方々、裏方で忙しく駆け回る方々、
表と裏の掛け持ちでフラフラな方々、打ち上げの「乾杯~!」
を楽しみに頑張って、第2回 KazCampも成功させましょう!

北摂アメリカン・ミュージック・ソサエティー会長 残田博司
[PR]
by kazcamp | 2013-02-26 17:58 | 思い出

尾野吉孝氏からのメッセージ

昨年は、ブルーグラス・キャンプ開催の一日前から会場
設営にご協力いただき、キャンプ当日は出演バンドへの
お声がけやステージ進行の裏方にご尽力いただきました
尾野吉孝氏からのメッセージが届きました。

a0285674_1053074.jpg

石橋におもしろい店があるよと、稲葉さんをお連れした
のが縁でその店、アビリーンの店主、峰さんの熱心な
尽力もあり、ブルーグラスキャンプが実現しました。

キャンプ設営には当初スタッフも少なく、大変だったと
記憶していますが、なんといってもブルーグラスの名に
ふさわしく、自然あふれた会場で、キャンプ当日も大過
なく進行でき、第一回目にしては充実したキャンプだった
のではないでしょうか。

今後、箕面の森にブルーグラスありと言われるよう、
今年もより進化したブルーグラスキャンプを皆んなで
作ってゆきましょう。

ボランティア・スタッフ 尾野吉孝
[PR]
by kazcamp | 2013-02-26 10:05 | 思い出

ワークショップ

今年の「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」には、新企画
として「稲葉和裕ワークショップ」を組み入れたいと考えて
います。

ヴォーカル・ワークショップや楽器のワークショップができ
ればと思います。

a0285674_1303883.jpg

ご意見、ご提案がございましたら、是非、お聞かせください。
[PR]
by kazcamp | 2013-02-22 13:01 | ニュース

大野 真氏からのメッセージ

昨年初開催となった「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」
にて、神戸大学ブルーグラスサークルは共同で運営に
関わらせていただきました。

当サークルからは約30名参加し、ステージには良い時間
に出させていただきました。
学生をピックアップしてくださったおかげで、皆モチベーション
が高くなりました。

運営の面では、立地的にも勝手がわからず混乱した場面
もありましたが、主催者スタッフ様の助けを借りながらなん
とか運営できたという記憶があります。

a0285674_228215.jpg

私個人としては稲葉さんと共に数回ステージに立たせて
頂き、本当に刺激を受けました。
もっと上手くなりたいという思いが更に引き立ったことを
記憶しています。

総じて学生に対して非常に良くしてくださり感謝しています。
来年度も協賛という形で協力させていただくこととなると
思います。

昨年より更に良いブルーグラスキャンプになるよう努力します。

神戸大学ブルーグラス・サークル前部長 大野 真
[PR]
by kazcamp | 2013-02-07 22:09 | 思い出

峰 十三氏からのメッセージ

第2回「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」によせて

4年前、縁あって大阪に来て、石橋でカントリー・バーを
始め、お客様のSさんと出会いました。
ブルーグラスとの出会いです。
バンジョーを弾く方でした。
それがブルーグラス・バンドの始まりです。
そして、人を介して知り合ったOさんという方が、稲葉
和裕さんを、私に出合わせてくれました。
65才で、ブルーグラスの虜となった訳です。
人生とは不思議です。

一昨年の暮れに、箕面の森で、音楽祭でもしませんか?
という話から、それならブルーグラスを。
そして、、ブルーグラスのプロとして活躍されている稲葉
さんの出番だ、と直感しました。
快く好意的に対応いただき「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」
がスタートしたのです。

a0285674_15324649.jpg

約半年の準備の後、「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」が、
美しい新緑の箕面の森で開催されました。
美しく、素晴らしいブルーグラス・フェスでした。

私が思っていた以上に、ブルーグラッサーの方々は、フレン
ドリーで、そして音楽に真摯に取り組んでおられます。
そして、この音楽を若い人たちに継承したいという願いは、
ブルーグラスを愛する人たちの共通の思いです。
たくさんの方々から、アドバイス、ご協力を戴き、素人の
私たち(ボランティアの仲間)が、「稲葉和裕ブルーグラス・
キャンプ」のお手伝いができ、また、「良いフェスでしたね」
と労って頂いた喜びと達成感は言葉に言い尽くせません。

また、今年も、第2回目が決定し、いよいよスタートです。
そして、稲葉さん、今年も気合を入れて、お手伝いさせて
いただきます。

バンドの皆さん、リスナーの皆さん、音響関係の皆さん、
各関係の皆さん、美しいブルーグラス・フェス、「稲葉和裕
ブルーグラス・キャンプ」でお会いいたしましょう!

スタッフ一同、心から歓迎と感謝の気持ちでお待ちいた
しております。

アビリーン・マスター 峰 十三
[PR]
by kazcamp | 2013-02-01 15:22 | 思い出